11月29日、仙台市福祉プラザふれあいホールにて、第63回仙台市社会学級研究大会が開催されました。

当日は、公益社団法人MORIUMIUS代表理事 立花貴氏による基調講演『ひとりの力を信じよう』、
パネルディスカッション『“子どもたちの今、支える大人たちの今”を考え、見つめ直す』が行われました。

パネルディスカッションでは、基調講演をされた立花貴氏と、仙台市児童相談所 相談指導課 市川孝仁氏とともに、弊社原がパネリストとして登壇いたしました。



パネリストの方々は日頃の活動を通して、子ども達を取り巻く環境、地域や子どもへの関わり方について意見を交換し、弊社におきましては、インターネットに関わる業者、Web制作者としての地域への関わり方、子どもたちを取り巻くインターネットの状況などを中心にお話し、また、子を持つ親として感じる部分もお話いたしました。

パネリストは初めての経験でもあり、皆さまにお話が伝わったか不安に思う部分もございましたが、コーディネーターをされました菅原 まき子 様に多くのフォローをいただき、無事に役目を果たすことができました。
この場を借りて、御礼申し上げます。
ありがとうございました。

関連リンク


シェアする