第51回 日本PTA東北ブロック研究大会(第71回 山形県PTA研修大会)南陽・東置賜大会 第5分科会基調講演「インターネット・SNSを通して育む多様性への理解」


2019年9月7日(土)、川西町フレンドリープラザで開催されました、2019年 第51回 日本PTA東北ブロック研究大会(第71回 山形県PTA研修大会)南陽・東置賜大会 第5分科会にて「インターネット・SNSを通して育む多様性への理解」というタイトルで基調講演、及びパネルディスカッションのコーディネーターを務めさせていただきました。

第5分科会は、「人権教育」をテーマに、研究内容を「互いを 尊重し合える 心の教育」
討論の視点は「多様化するコミュ ニケーションツー ルの活用法」「思いやりの心を育て る真のコミュニケー ションの在り方」です。

基調講演「インターネット・SNSを通して育む多様性への理解」

基調講演では、インターネットを使う上での注意点にや、モラル・ルール・リテラシーのお話いたしました。

インターネットの性質上、軽い気持ちで悪気なくやった事でも、犯罪になりえます。実際の事例を交えてお伝えしました。

パネルディスカッション

パネルディスカッションでは、岩手県PTA連合会 平成30年 副会長 斎藤映香さま、宮城県PTA連合会顧問 菊田篤さま、山形県山形市出羽小学校PTA顧問 佐藤義庸さまから、提言をいただき、コーディネーターを務めさせていただきました。


パネルディスカッションの様子。右から山形県山形市出羽小学校PTA顧問 佐藤義庸さま、宮城県PTA連合会顧問 菊田篤さま、岩手県PTA連合会 平成30年 副会長 斎藤映香さま、株式会社Gazi工房代表原。


シェアする