11月24日『川西町浴浴センターまどか』において、スポネットおきたま第2回研修会「上手なSNSの活用とその管理」として講座と実践を行いました。

スポネットおきたま(置賜地区総合型地域スポーツクラブ連絡協議会)様は、山形県置賜地域の13の総合型スポーツクラブで組織されている団体です。



課題解決のための情報発信

クラブ運営をするうえで、資金・人材・会員の不足を抱えていらっしゃるそうです。その根本には活動に対する認知不足を大きな課題としてとらえていらっしゃいました。
この課題解決の手段の1つとして、SNSの必要性を感じ、講演のご依頼をいただきました。

情報発信するために、気をつけなければならない基本的な部分を中心に、基礎知識、心構え、管理に関して総合的な座学を行い、後半は広い年代で利用されているFacebookページの作成から管理に関しての操作方法をお伝えいたしました。

はじめてSNSに触れる参加者の方もいらっしゃいましたが、資料を中心に概念をご理解いただけたのではないかと思います。
質疑応答では、実際の運用に関しての問題から、SNSの仕組みまで多岐にわたり活発なご質問、ご意見を頂戴いたしました。

今では、SNSを使った情報配信は当たり前となっています。
しかしそれがなぜ、当たり前なのか。手段や道具に振り回されて不安に思われている方もいらっしゃいました。

しっかりと基本的な部分を知ることで、不安は解消されるハズです。
参加いただきました皆さまのお役に立てたのであれば幸いです。


シェアする